社会保険手続きのQ&A(その5 育児休業)

 

13 育児休業

Q13-1 育児休業から復職して給与が減少したときの月額変更について

 当社の従業員が育児休業を終えて、7月から復職しました。育児休業に入る前は、8時間勤務、月に10時間程度の時間外労働もありました。
復職後は短時間勤務(6時間)となり、時間外労働はほぼ0時間です。これに伴い、給与も少なくなりました。(約6/8になりました。)
 しかし、社会保険料は育児休業前と同じ額なので手取り額が減ってしまいます。
このような事を防ぐために、育児休業明けの特例的な月額変更があると聞きましたが、手続きの方法について詳しく教えてください。

 A13-1 必要な手続き・・・育児休業等終了時報酬月額変更届

 
育児休業からの復職時に忘れてはいけない手続きです。
 ご質問のケースのように、育児休業から復職した従業員が短時間勤務となった場合、時間数に応じて給与が少なくなる事が一般的です。また、育児中ですので、時間外労働や休日労働もほぼ0になるでしょう。
 これらによって、給与額が少なくなります。

しかし、給与が減少しても社会保険料は育児休業前と変わりません。そのため、給与に比べて社会保険料の負担が重くなってしまいます。それだけ「手取り額」が少なくなってしまう、という事になります。

 このような時、通常の「月額変更届」とは異なる要件で「育児休業等終了時報酬月額変更届」があります。詳細は日本年金機構のHPをご確認頂きたいのですが、ポイントは、標準報酬の等級差が1等級でも月変となり、また、固定的賃金の変動がなくても良い、という事です。

                https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/menjo/20150407.html

 そして、ご注意頂きたいのはこの手続きが「被保険者の申し出によって」行われるという事です。
 とは言っても会社が手続きをするのですが、これを忘れてしまうケースが意外と多いのでお気を付けください。
 忘れると従業員の保険料負担が大きいままになってしまいます。 

 なお、傷病手当金をもらう事になった場合、受給額は、新しい(低下した)標準報酬に基づく事になります。
 良い事ばかりではありません…   

 それでは、将来の年金も少なくなってしまうのか?という事も心配になりますので、Q2もご覧ください。

pagetop

Q13-2 育児休業から復職したときの厚生年金についての特例について

 育児休業については、社会保険料の免除期間や育児休業給付など様々な制度がありますが、将来、年金をもらう際にメリットのある制度があると聞きました。
どのような制度ですか?また、必要な手続きについても教えてください。

 A13-2 必要な手続き・・・厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例申出書


Q1の手続きと同様、「被保険者の申し出により」行う手続きですが、
会社が主導で手続きすることが望ましいでしょう。 (ご本人がこの制度を調べて会社に要望を出すケースも多いです。)
 
 健康保険の傷病手当金は低下した標準報酬に基づいて支給されますが、
こちらは将来の年金計算の際に、従前の標準報酬で計算されます。対象となる期間も「3歳未満の子を養育している期間」ですから、従業員にとってメリットは大きい制度だと思います。
 少ない保険料でより多くの年金をもらえる、ということです。

pagetop

Q13-3 父親が2回目の育児休業を取得する場合の条件「1回目の育児休業を配偶者の出産後8週間以内に取得している」点ですが、

    この「出産後」において出産日と出産予定日が異なる場合はどのようになるのでしょうか?

  雇用保険の育児休業給付金は、原則として同一の子について再度の育児休業を取得した場合は支給されないことになっています。しかし、その例外として「パパ休暇」として妻の出産後8週間以内に育児休業を取得した場合は同一の子についての2回目の育児休業を取得した時にも、育児休業給付金は支給されることになっています。

 今般、我が社の男性社員が1回目の育児休業を取得したのですが、妻の出産予定と出産日が10日以上離れている上、出産後約1か月後に約3週間の育児休業を取得する予定です。また今後、2回目の育児休業も予定しています。

 この状況下で、1回目の育児休業取得について「妻の出産後8週間以内」となるか心配しているのですが、出産予定日と出産日が異なる場合はどのように考えればよいのでしょうか?

 A13-3

写真:赤ちゃんと両親

「配偶者の出産後8週間以内」という根拠は育児介護休業法第5条にあります。

 まず結論を申し上げます。「8週間」と数える期間は次のように考えます。

 □ 出産予定日(例 8/10)より早く子供が生まれた場合(例 8/5)
   始点は、子供が生まれた日(8/5)
   終点は、出産予定日(8/10)から8週間後の日


□ 出産予定日(例 8/10)より遅く子供が生まれた場合(例 8/15) 
  始点は、出産予定日(8/10)
  終点は、出産日(8/15)から8週間後の日

  ※ つまり、どちらの場合も8週間より期間を長く取る事になります。


 ここから解説です。実は、同法第5条で次の表現があるのですが、これが非常に分かりにくいのです。

 『 出産予定日前に当該子が出生した場合にあっては
当該出生の日から当該出産予定日から起算して八週間を経過する日の翌日までとし、
   出産予定日後に当該子が出生した場合にあっては当該出産予定日から当該出生の日から起算して八週間を経過する日の翌日までとする。 』


この文言のうち、次に示す部分がポイントなのですが、表現として「から」が2つ出てくるので、非常に悩みます。

「当該出生の日から当該出産予定日から起算して八週間を経過する日」
「当該出産予定日から当該出生の日から起算して八週間を経過する日」

ここは次のように読み取ります。

まず、前段の子供が早く産まれた場合、

 当該出生の日から ← これがスタート
 当該出産予定日から起算して八週間を経過する日 ← これがゴール

次に、後段の子供が遅く産まれた場合、

 当該出産予定日から ← これがスタート
 当該出生の日から起算して八週間を経過する日 ← これがゴール

このように、出産日と出産予定日が異なる場合は、
八週間より長い期間になります。


pagetop

Q13-4 当社で初めて男性が育児休業を取得します。雇用保険の育児休業給付を受給できるようですが、女性従業員と同様に産後休業(出産日より8週間)を経過            した後から受給できるのでしょうか?

  当社では女性従業員の産前産後休業、育児休業は日常的に発生しているのですが、今回は初めて男性従業員が育児休業を取得することになりました。社会保険料の免除や雇用保険の育児休業給付も適用されると聞いたのですが、育児休業給付がいつから受給できるのかが分かりません。受給開始日によって本人の収入への影響が異なってくるのですが、出産日あるいは妻の育児休業開始日(産後休業が終わった翌日)のどちらとなるのでしょうか?

 Q13-4


 2022年10月から育児休業法が改正され、男性従業員が「出生時育児休業」を取得できるようになります。通称「産後パパ育休」です。しかし、現在でも父親である男性従業員は育児休業を取得できます。そして要件を満たせば雇用保険の育児休業給付を受給できます。

 そして、育児休業給付を受給できる日は、配偶者の「出産日」です。また、出産予定日より出産日が遅れた場合は「出産予定日」から受給できます。つい、男性従業員の場合も、産後休業が終わって育児休業期間から受給できると考えてしまうかも知れませんが、ご注意ください。
 
 なお、貴社では男性従業員が初めて育児休業を取得するとのこと、ご質問からは取得日数などが分かりませんが、厚生労働省や東京しごと財団の助成金・奨励金の対象になる可能性もありますので、ご検討されることをお奨めします。 助成金のご案内はこちら



pagetop


関連ページ

人事労務相談の特長
就業規則の作成,見直し
社長のブレイン