社労士診断認証制度

貴社が「ホワイト企業」である事を認定する「経営労務診断」を行っています。

 2020年4月から、全国社会保険労務士会連合会がホワイト企業の認定マークの運営をスタートさせました。
 当所代表の田中も「認定社労士」として登録していますので、お気軽にご相談ください。

  外部から会社を見た場合、決算報告書などで財務面が優良であることは判断できます。しかし労務管理等の非財務面の状況はわかりません。
この「社労士認証制度」は非財務面が優良であることを対外的にアピールできます。

 
認証制度の詳細は下記のサイトをご覧ください。(動画もあります。) ↓


※ 全国社会保険労務士会連合会の経営労務診断サイト

認定社労士(田中)と一緒に、「職場環境改善宣言企業」確認シートの項目を確認していただき、職場環境改善に一層力を入れることを宣言いただければ、全国社会保険労務士会連合会がマークを付与し、企業情報サイトに認証企業として掲載されます。

「職場環境改善宣言」を行なった上で、「経営労務診断基準」に基づき所定の項目について認定社労士(田中)の確認を受けた企業に全国社会保険労務士会連合会がマークを付与し、企業情報サイトに実施企業として掲載されます。

「職場環境改善宣言」を行なった上で、所定の項目について認定社労士(田中)の確認を受け、「経営労務診断基準」に基づき必須項目のすべてが適正と認められた企業に、全国社会保険労務士会連合会がマークを付与し、企業情報サイトに適合企業である事と各項目の調査結果が掲載されます。

※ 3つのマークともに、認定を受けたことの申請は、認定社労士(田中)が行います。

認定企業のメリット

1 働きやすい会社である事が分かり、人材確保に有利となります。

2 認定を受ける過程で、自社の労務管理を見直すことができます。

3 財務諸表から見えない無形資産が優良である事を伝えられます。

写真:認定企業のメリットのイメージ
写真:認定企業のメリットのイメージ


 「ESG評価」「「健康経営」など、最近は財務諸表からは分からない経営要素を高めていく事が着目されています。
しかし、これらを対外的にアピールする方法が少ないのが現状です。

 例えば、厚生労働省では、安全衛生優良企業公表制度(安全衛生関連の指標)、えるぼし(女性活躍の指標)、くるみん(育児に関する指標)、
ユースエール(若年層の雇用に関する指標)の認証制度を設けていますが、それぞれ特定分野に特化しているため、総合的な認証制度ではありません。

 そのため、労務管理全般を評価対象としたこの「社労士診断認証制度」の意義は高いと言えるでしょう。

 チェック項目は、「職場環境改善 宣言事業」で20項目、「経営労務診断 実施企業」「経営労務診断 適合企業」では51項目となりますが、
どの項目も中小企業の現場を、充分に理解した上で作られており、よく練り上げられたものとなっています。

 当所も「プライバシーマーク」「TOKYO働き方改革宣言企業」の認定を受けておりますが、その過程で企業体質が強くなったと実感しています。
やはり、このような認証制度などの到達目標があってこそ、可能だったと思っています。

 会社にとっても従業員にとっても、より良い就業環境を実現するために、「社労士診断認証制度」取得のお手伝いをいたします。

 自らも従業員を雇用して20年以上となります。社会保険労務士としてのみならず、経営者として、また「元会社員」としての経験も活かしながら、
貴社の「社外人事部」として丁寧に認証を進めてまいります。  (2020.08.05 特定社会保険労務士 田中 理文)


価格表

(消費税別)


職場環境改善

宣言企業

経営労務診断

実施企業

経営労務診断

適合企業


初回
顧客0円50,000円70,000円
スポット50,000円100,000円150,000円

2回目以降
顧客0円40,000円50,000円
スポット40,000円80,000円120,000円