働き方・休み方改革セミナー+グループワーク 

生産性向上に全社で取り組むためのプログラム

「働き方改革」による労働基準法や労働安全衛生法などの法改正の説明に加えて、職場での残業削減・有休取得率向上のための実行策を参加者全員で考え、実行に移します。

対象:全従業員(部署ごとにグループワークを行います。)
所要時間4時間程度
対象人数30人程度~
費用15万円(消費税別)※遠方の場合は出張費用あり


「働き方・休み方改革」の意識が高まっていますが、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

このセミナーでは半日(約4時間)で、以下の理解・習得・実行への計画表づくりを目指します。

1「働き方・休み方改革」で具体的に自分たちは何をすべきなのか?
2時間外労働削減・有給休暇取得率向上・職場の健康管理強化を理解
3上記2のために有益な事例を知り、グループワークで実行策を練る。
4各チームの実行策を発表して、全社的に情報共有する。
5日々の仕事の中で、「働き方・休み方改革」を実践していく。


当日の進め方の一例

講義 その1(約45分)

1 有給休暇の5日付与義務
(1)5日付与の対応方法
(2)有給休暇の取得率の推移

2 時間外労働の上限規制(時間外労働・休日労働の削減)
(1)労働基準法での労働時間の原則
(2)過労死・過労自殺ライン
(3)睡眠時間は何時間必要か?会社として管理できるのか?
(4)管理職も健康管理の観点から時間管理が必要
(5)労働時間の適正な把握

3 時間外労働削減・有給休暇取得率促進の事例
(1)50の事例に学ぶ、働き方・休み方改革の成功パターン

4 勤務間インターバル制度

当日の進め方の一例

グループワーク その1 (30~40分)

主なテーマ(ここまでの講義に関連)
・時間外労働の削減で工夫している事、困っている事
・有給休暇取得率の向上で工夫している事、困っている事 等々

休憩 15分

当日の進め方の一例

講義その2(約30分)

3 産業医・産業保健機能の強化(産業医への情報提供・職員の安全配慮)
(1)安全衛生の基本事項
  ・衛生委員会の実施
  ・産業医の選任
  ・50歳以上労働者の健康管理
  ・メンタルヘルスケア
(2)安全衛生法の法改正

当日の進め方の一例

グループワーク その2 (30~40分)

・産業医との連携で工夫している事、困っている事
・衛生委員会の実施で工夫している事、困っている事
・職場の安全衛生管理(メンタルヘルスケアなど)で工夫している事、困っている事

当日の進め方の一例

各グループの発表 30~40分

当日の進め方の一例

まとめ 15分


※当日に出された各グループの知見は後日に全社で共有します。