ごあいさつ


皆様、こんにちは。代表の田中理文です。本日は、弊所のホームページにお越し頂き、ありがとうございます。

私は、大学卒業後、大手部品メーカーで営業を担当しながら、社会保険労務士の資格を取得しました。その後、1996年に27歳で弊所を創業、2年目に職員を採用して経営者の立場となりました。
創業から20年を迎えられ、これも多くの皆様のおかげであると、感謝しております。

さて、日本にある会社のうち、99%以上が中小企業と言われています。私は会社員時代に、従業員数が何万人規模の大企業と、地域に根差した中小企業と、どちらも担当していました。

その中で中小企業が元気になってこそ、社会も活性化されると実感しました。
中小企業の発展に貢献したい、という思いが創業の動機の一つでもあります。

実際に開業して多くの中小企業とお付き合いをすると、営業やマーケティングなどが強い反面、総務や経理の間接部門の機能が弱いために、会社基盤が不安定となり、成長の機会を逃しているケースにも出会いました。

これらの経験を踏まえ、弊所が「成長企業の社外人事部」として、総務業務をご提供することで、顧客企業様には、会社基盤をより安定させ、さらなる成長を実現して頂きたいと考えています。

具体的には、社会保険手続・給与計算・人事労務相談のサービス提供により、顧客企業様の、『間接部門の経費削減』 『労使トラブルの予防』 『安心して経営に専念できる環境づくり』などのお手伝いをしています。

弊所は、スタッフ一丸となって、顧客企業様のお役に立てるよう、日々、努力しておりますので、貴社のパートナーとして長いお付き合いをさせて頂ければ幸いです。


代表 田中理文

事務所プロフィール

当所は、平成8年に東京都立川市で業務をスタートしました。現在、有資格者2名 スタッフ6名にて、多摩エリア及び中央線沿線から都心部にかけての企業様に各種サービスを提供させて頂いております。

サービス業の視点で顧客主義に立ち、顧客企業に専門知識や原則を押し付けるのではなく、コンプライアンスを前提とした上で、いかにメリットがある助言やサポートができるかを常に考えています。

中央線立川駅南口から徒歩5分の当所では、ご来所頂いた顧客企業の皆様と、落ち着いてお打ち合わせができるような環境を整えています。

 また、平成25年には、私の生まれ育った地元である渋谷3丁目に渋谷オフィスを開設して、渋谷・新宿を周辺とした都心部の顧客企業様にスピーディーに業務を提供させて頂いております。

 スタートアップ企業から上場企業まで、あらゆる企業ステージの様々な案件に取り組んで参りました。

 貴社のパートナーとして、さらなるご発展のために、当所にお任せください。

代表者プロフィール

特定社会保険労務士 田中理文

東京都渋谷区出身・昭和43年生まれ。

平成3年 慶應義塾大学 法学部法律学科卒業。一部上場のメーカー勤務を経て、平成8年 東京都立川市に当事務所を開業する。開業以来、「中小・中堅企業が元気になれば日本はもっと活性化する!」を経営理念に、人事労務分野のコンサルティング・総務部門のアウトソーシングなどの企業支援に情熱を持って取り組む。